2014年06月21日

過労死について考える

 過労死防止法が成立しました。またひとつ新しい法律が誕生したわけです。

 過去の記事「憲法と法律」でも書きましたが、基本的に「法律」は国民の自由、権利、財産を制限するものです。もちろん「法律」によって守られる人々もおりますが、その一方で、自然権の一部を剥奪される人々も出てきます。究極の表現をすれば、「法律」は国家のために存在します。もっと具体的に言えば、「法律」は役人の都合の良いように作られます。だから役人の勝手をさせないために「国会」は国民の代表である議員でもって構成され、その組織は「立法府」と呼ばれます。法律に縛られるのは国民だからこそ、その国民の代表に法律を成立させる権限を持たせなければフェアではない、という崇高な思想がそこにあるわけです。今の日本ではほとんど形骸化しておりますが。

 今回は、法律の概念の話ではありません。過労死が起こる原因の話です。

 過労死が起こる根本原因は、2つです。
 納期と品質です。
 さらに品質には2タイプあります。必要十分品質と過剰品質(もしくは勘違い品質)です。過剰品質を求める人が個人の場合をクレーマーと呼びます。

 どんなに仕事が殺到しても「納期」という制限がなければ過労は発生しません。疲れたから休むね、その分、ちょっと納品が遅れるから待ってね、と言えば良いわけです。
 それでも、「この納期だけは絶対だよ」と言われた場合は、品質を落として調整します。但し、クリアしなければならない最低のレベルだけは維持します。それが必要充分品質です。製品であれば実害のない部分(美観など)から順に削って行きます。

 しかし、困ったことに日本人は真面目です。その中にあって私、沼太英雄士は「真面目過ぎる」と言われます。一体、私はどれほど恐ろしい人間なのでしょう。

 東日本大震災の年、福島県で瓦工事店の社長さんが二人、自殺しました。あまり知られていませんが業界では有名な話です。原因は、殺到する修理依頼をさばききれず、かつ、中には、怒鳴り込んでくるお客がいたりして精神的・肉体的に追い詰められたためでした。実に痛ましい話です。このお二人は間違いなく過労死です。但し、経営者が過労死しても法も誰も守ってくれません。

 人間、命を犠牲にしてまでやらなければならないことって、無いとは言いませんが、そんなに多くは無いですよ。これは私の信念です(ちょっと大袈裟かな?)。

 震災の時、私は従業員に過剰な無理はさせませんでした。もちろん、精一杯頑張りましたが、自分で決めたあるレベルを越える無理は、絶対にさせませんでした。
 まず、電話。鳴り止まない電話への対処方法は、「今出ている1本の電話に集中しなさい」。
 電話中に別な電話が鳴り出すと、人手が足りず、ついつい今の電話を早く終わらせ、次の電話に出なければ、という強迫観念にかられます。私の指示は「どうせ出られないならその鳴っている電話無視しなさい。仕方ないから。それよりも今電話で話している相手から必要な情報を確実に入手しなさい」。結局それがもっとも効率的な方法なのです。

 また、震災直後のある日の電話。
 「早く修理に来ないと雨が降ったらどうするんだ!雨漏りしたらどうするんだ!」
 それに対する「真面目過ぎる男・沼太英雄士」の答弁「雨漏りしても晴れれば乾くから問題ありません」
 もちろん、私は悪者です。言われた方は相当腹が立ったと思います。ちなみに当時、弊社の鉄骨造の倉庫も母屋が折れ曲がり、屋根材が落ちてました。修理したのは震災から2年後です。

 お客様はもちろん大切にしなければなりませんが、同じくらい従業員だって大切です。自社の仕事に誇りを持てるのであれば、過剰なお客様満足度を追及するあまり、そのしわ寄せを従業員や取引先に押し付けるべきではありません。そして、過労死を生むのは、従業員や取引先に無理を強いる経営者の責任である以上に、消費者である我々一人一人の態度であることを肝に銘じるべきです。

 結論。日本人はもっと緩く生きた方が良いと思います。そして、もっともっとお互いを許し合えれば良いなあ、と思います。それがいちばんの過労死撲滅方法と、真面目過ぎる私は考えるわけです。

 
posted by walker at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済

2014年06月16日

田舎の年収300万は東京の年収1000万に相当する

 長いタイトルですみません。 ここ数年、首都圏在住の友人たちと話していて感じたことを書きます。かなり大雑把な数字を入れてますので、細かい点はご勘弁ください。

 テーマはお金です。
 田舎で年収300万の暮らしと、東京で年収1000万の暮らし。どっちがゆとりがあるでしょうか?

 私は50代の前半ですが、同年代の都会の友人たちは、ほとんど家を建ててしまいました。土地込みで6000万ほどかかったみたいです。田舎の感覚からすれば、どんな豪邸かと思いますが、まあそれなりに立派な家なのでしょうが、豪邸というほどでもないでしょう。ちなみに盛岡あたりで大手ハウスメーカーで建てれば、土地込みで3200〜3900万がいいところでしょう。
 それと、首都圏では中学くらいから私立に通わせることがけっこう普通みたいです。学費は、中学も高校も1年で100万近くかかるんですね。それまでにも塾に通うので出費がかさむみたいです。

 当社の従業員で、住宅ローンを抱えているのは、18人中1名です。他の従業員は、私も含め親と同居しており、おそらく今後、自分で家を建てる予定はない、と思います。私もありません。

 田舎では、奥さんもほとんど働きに出てます。もともと農家の考えの延長にあるのでしょう、嫁が家事以外の労働をしなくてよい、という思想は田舎にはありません。専業主婦というのは、都会的ライフスタイルだと思います。

 また、田舎はほとんど通勤時間がかかりません。それは仕事にかかわる拘束時間がそれだけ短いということです。東京では通勤片道1時間は当たり前。往復で2時間から3時間は普通でしょう。
 その点、田舎の通勤時間は、5分から長くて20分です(当社の場合ですが)。
 兼業農家も多く、朝仕事を終えてから会社へ、という従業員もおります。当然、農業収入もあり、野菜も自前で調達できますので食費も浮きます。お米をわざわざ買っている従業員はたぶんいないと思います。

 田舎の方がお金がかかるものがひとつだけあります。車です。ほとんどの家に、数台の車があります。通勤や買物に必要ですから、生活必需品であるわけです。

 さて、ここまでの条件で生活のゆとり度を比較してみましょう。
 
 まず、東京の年収1000万のサラリーマン。奥さんは専業主婦とします。
 家のローンが月20万として年間240万。
 子供二人で、どちらも私立だと学費が年間200万。
 お金を生まない通勤時間を労働収益(時給1000円のアルバイトをしたとして)に換算して、往復通勤2時間のサラリーマンで1日2000円×230日=46万。
 これらの合計486万が都会生活のコストです。
 年収1000万だと、手取りはよくて800万くらいでしょうか?
 では、その手取り800万から都会生活コスト486万を差し引くと、314万円です。これが実質的に自由になるお金です。

 一方、田舎の年収300万。手取りは、250万くらいかな?
 田舎では、高校までほとんど子供は公立に通います。授業料自体はそれほど大きな負担ではないでしょう。その他の都会生活コストもほとんどかかりません。余分に必要な車といっても軽自動車かヴィッツとかのクラスです。メイン車の他にそれらが1〜2台。維持費が年間燃料代を入れて約40万。学費と合わせて60万くらい差し引けば、都会の年収1000万サラリーマンと比較可能でしょう。
 そうなると、190万円が自由になるお金です。

 ここで表に出ない数字があります。ほとんど0に等しい通勤時間の余裕が生み出すプラス面です。都会のサラリーマンが時給1000円で2時間働いた場合に相当する収益です。それは農業収益だったり、本来お金を払うべきところを自分の労力で済ませた場合であったりします。したがって、比較のため、都会の年収からその分46万を差し引いてあったわけです。

 都会派は314万。田舎派は190万。124万の差があります。この差を埋めるのが、田舎の奥さんの収入です。非課税枠の110万で奥さんが働けば、その差は14万まで縮まります。奥さんがもうちょっとがんばって働いて、年収130万くらいになれば、ほぼトントンになります。
 つまり、都会の1000万プレーヤー、お子さん二人で私立、奥さん専業主婦というカッコイイ家族と、田舎の年収300万、お子さん二人公立、奥さん共稼ぎ年収180万の家族は、金銭的なゆとりはほぼ同等です。

 さらに言えば、田舎は親との同居がほとんどです。だから奥さんが働きに出れるわけです。そして、親には年金があります。お父さんが厚生年金に入っていれば、年額200万は超えるでしょう。親が元気であれば、老人の生活費はそれほどかかりませんから、可処分所得として100万近く加算して良いでしょう。そうなれば、田舎派は都会派に圧勝します。もちろん、期間限定ではありますが。

 都会生活のコストを一言で表現すれば「見栄張りコスト」です。会社の同僚や上司、部下、友人、ご近所さんやママ友の間で、ついつい比較してしまうのでしょう。人間ですから当然です。見た目にも気をつかいますから、洋服代にかかる費用も田舎の比ではありません。他人との比較で、日々、心穏やかではありませんね。

 その点、田舎は開き直ってしまえば、ほとんど生活にお金がかかりません。要はその生活を受け入れられるか否かです。人それぞれの好みの問題でしょうね。
 
posted by walker at 18:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・経済