2013年08月26日

ノラキンの夏、再び

 夏の休暇は、昨年同様東京で過ごしました。 東京にはヤツがいます。そう、ノラキンです。
 一年振りなのでどうしていることやらちょっと心配でしたが、まったくの杞憂でした。ヤツは相変わらずふてぶてしく憎らしいまでに元気でした
P1010594.JPG

 庭園では、オジサンが芝刈りの作業中です。そのそば
でプール帰りの親子にじゃれてました。
 なかなか堂々としたものです。とてもノラとは思えません。さすがキングです。                                                                            
P1010592.JPG

   
                                 
 カミサンの足元にやってきて、頭をなでろ、背中をかけ、と態度で命令します。言うとおりにしてやると、実に気持ちよさそうに伸びをします。
 ここまで人間様に命令することに慣れているネコはまずいません。


 宿泊したホテル(以下、ノラキン・ホテル)も今年はたいへんな混み様でした。プールもデッキチェアは満杯。加えて陽射しの強さが尋常でなく、昨年のようにプール・サイドで優雅に読書、というわけにはいきませんでした。
 夕刻、六本木の青山ブックセンターで、デーブ夫妻と待ち合わせ。西麻布のデーブが馴染みの店でお酒と食事。
 デーブによると、福島原発に関する報道が国内報道と海外メディアで随分差があるとのこと。「東京でオリンピックなんて、冗談じゃない!」というのが、海外での一般認識らしい。
 確かに、現状の汚染水漏れは深刻な状況です。日本は一日も早く汚染の封じ込めを行わなければならないはずです。
 
 実は、こうしている今、我が国は重大な岐路にあるのでは、と思ったりもします。ところがそのような空気はあまりに希薄です。不気味なまでに。
 前回のブログで、私は日本の将来について楽観的と書きました。但し、条件付きでした。その条件のひとつである原発問題は、このままでは国家の存続を危うくするのでは、と暗い気持ちになります。
 真夏の太陽とノラキン・ホテルの喧騒の中に、昨年とは違う「何か」を感じざるを得ませんでした。                                                                                            
 
                                                               
    
                                                                                
                                             
                                              
posted by walker at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73385102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック