2014年01月20日

ダメ社長の雪かき日記

 たった今、敷地の雪かきが終わりました。 
 今の私にとって雪かきは完全なる逃避行動です。何からの逃避かと言えば、知的労働および決断からの逃避です。発注するオリジナル製品の寸法(径は8mmか7mmか、この部分の長さは50mmか60mmかなど)を決断できず、先送りにしております。その他、決めねばいけないことが決められず、う〜とうなっていると、目の前で深々と雪が積もっていきます。そうだ、そうだ、雪かきだよ、うん、雪かきしなくっちゃネ、と防寒着を着て外に飛び出します。
 但し、雪かきといっても甘く見てはいけません。
 面積は、少なく見ても2000uはあります。その雪かきを一人でやるわけです。
 もちろん、重機を使います。バケット付きのローダーです。
 弊社のローダーは操縦席がむき出しですから、寒いです。
 まず、隅っこの雪は雪かきスコップを使って手作業でかき出します。かき出した雪は出来るだけ一直線上に集めて置きます。
 それが終わると、いよいよローダー登場です。さっそうと操縦席に乗り込んで、エンジンをかけ出動。ガーとバケットで雪を押します。敷地内に3カ所程度、雪の集め場所を決めて、そこまで雪を押して運びます。
 ローダーの操縦に集中してる間は無心になれます。きりっとした寒さで頭の中がすっきりします。
 最後に、ローダーで押し切れなかった雪を、手作業で処理します。ローダーを寄せ、バケットにスコップで雪を放り込みます。それを雪置場に持って行ってガーっと空ければ完了。
 これで、職方の積込み、積み下ろし作業が楽になります。達成感です。
 しかし、肝心の仕事は・・・。
 やっぱり社長がこれでは褒められませんネ。
posted by walker at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85667381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック